これからブランド買取する人に・・・

2018年10月12日(金)
【大雑把にブランド品とはいっても、】
大雑把にブランド品とはいっても、物は様々です。


数あるブランド品の中でも、買取店において査定額に期待してはいけないものとしては、洋服が断トツです。


品質は極上、デザインも好ましい、といった商品であっても、ブランド自身がマイナーで人気がなければとても低めの査定額になることが予想できます。


一度も着たことがなく、値札がついたままのような新しいものであればそれなりに高額で買い取ってもらえる可能性がありますが、着用済みの物なら、見た目が新品でも査定額は低く出ることになるでしょう。


何度も着用し、何度かクリーニングをしたこともあるようなブランド服はほぼ値段はつかないもの、と考えておきましょう。


世界初の旅行鞄専門店としても知られるヴィトン、160年ほどの歴史を持ち、今では世界中にファンを持つ巨大なファッションブランドです。


余談ですが、ルイ・ヴィトンというブランド名は創業者の名前です。


誰もが良く知る、LとVのアルファベットを組み合わせたモノグラムは、長くルイ・ヴィトンの製品を飾る模様となっており、ブランドの顏ともなっている模様は華やかで高級感があり、飽きのこないものです。


ルイ・ヴィトンの製品を好む人は、どの年齢層にも一定数以上いて、ブランドの人気が長く続いていることが伺えるのですが、よく出る新作や、限定品の類が人気となることもあり、ヴィトンファンの中には、手持ちの飽きがきた製品を買取店に売りに出してお金にし、欲しい新作や、限定品を買う費用の足しにする人もいるようです。


ニューヨーク生まれのブランド、ティファニーは1837年の創業で、宝飾と銀製品で名高いブランドとして、誰もが知るブランドの一つです。


宝飾では特にダイヤモンドをあしらった製品の人気が高いです。


ですから、結婚指輪として、また婚約指輪にティファニーを希望する人も多くいて、女性には特に人気の高いブランドとなっています。


そんなティファニーですが、もし買取店に売るつもりでいるのでしたら、必ずその前に、商品の現在における大体の相場を、ネットを利用するなどして知っておき、その上で、業者は単独に絞らず、いくつかの店にどんな買取価格になるのか査定を受けてみましょう。


店によってだいぶ、価格が違うかもしれません。


売りたいブランド品が、実際にどのくらいの値段で売れるのかをなるべく手を掛けずに知りたいという場合には、スマホなど携帯機器のカメラで売却したいブランド品を撮り、その画像を送付して査定を受けるということもできます。


店頭に足を運んだり、また箱詰めにして送付するなどの手間をかけることなく、相当気楽に査定を受けられますので、人気があります。


しかしながら、そうして業者から提示された査定額は単なる目安だと考えておいた方が良いでしょう。


 というのも、最終的な買取価格は、実物の状態確認が済んでから決められるものだからです。


色々考えられますが、バッグ類の内側だったり、小物類の細かい部分など、撮影した写真に映り込んでいない場所に何かキズでもあった時には当然、店側としては買取金額を下げることになるでしょう。


ミュウミュウは、プラダの姉妹ブランドとして知られ、デザイナーであるミウッチャ・プラダが、つくったファッションブランドで、ミウッチャの小さい頃呼ばれていた愛称がブランド名となりました。


まだつくられてから20年と少し、という若いブランドですが、斬新で革新的、個性の強さといったことを目指そうとする創業者ミウッチャ・プラダの思いが組み込まれており、人気のあるブランドです。


プラダ系列である、とうこともあり、ミュウミュウについての買取を強化している買取店も有る程、人気と需要のあるブランドだと言えるでしょう。


10:00






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++