これからブランド買取する人に・・・

2018年11月09日(金)
【お礼とかお祝いを兼ねて、知人か】
お礼とかお祝いを兼ねて、知人からプレゼントされたロレックスの腕時計があります。


不相応かも?と思える程に良い物で、フォーマルな場面などで使っていましたが、自分で選んだ時計を使うようになると、ロレックスもあまり使わなくなりそうやって全く使用しなくなり、磨いて箱に入れ、しまっておきました。


でも、そうやって置いておいても何もなりませんし、ブランド品の買取サービスがあるお店に持ち込んで、査定してもらうことにしたのでした。


鑑定士が時計の状態を判定し、市場でどれ程の需要があるかなどさまざまな理由が影響しつつその結果、査定額が決まるそうです。


それ程簡単なものでもない、と初めて知りました。


プレゼントされた当初からずっと持っていた、箱とか保証書も全部まとめて、それから、とりあえずの希望価格をスタッフに申し入れて、そのお店専属の鑑定士による査定を受けることにしました。


1914年といえば第一次世界大戦の始まった年ですが、バレンシアガはこの年、バスク系スペイン人、クリストバル・バレンシアガにより創業されたブランドです。


ブランド設立後、内戦を理由にスペインからフランス、パリへ本拠地を移し、以降、フランスのファッションブランドとして知られるようになりました。


ラグジュアリーブランド、つまりルイ・ヴィトンやエルメスのように、ハイクラスのブランドとして存在し、服飾から、皮革製品のバッグ、靴、それに宝飾、香水、時計といったように、ファッションに関連した様々な商品を取り扱っています。


買取店においては、バレンシアガの製品、特にバッグや財布などは、かなりの高額買取になる可能性が高いです。


ブランド品買取店が取り扱う商品は、本当に色々あるものの物によっては高額買い取りが期待できるものとして、ルイ・ヴィトンやシャネルといった、誰もがよく知る高級ブランドのノベルティグッズがあります。


ロゴ入りの小さな鏡やポーチ、タオルなど実用品もあれば、遊び心あふれるおもちゃに至るまでいろいろありますが、手に入れるためには、そのブランドの商品を購入した際のおまけとして、また購入金額が規定に達した人にだけプレゼントされるしかありません。


こうした高級ブランドの販促物たるノベルティグッズですが、ピンポイントでほしい物が手に入るというものではないということもあって、コレクターにとっては垂涎のレア物である場合があり、高い査定額がついたりすることがあるのです。


なので、プレゼントされたまま未開封でおいてある、なんてグッズをお持ちであればぜひ、買取店で査定を受けてみると良いでしょう。


正規品の靴やバッグより良い価格がつくこともあります。


ブランド品買い取りの際に、業者が商品につける買取価格というのは、価格が高くなるか、そうでないかというのはまず、商品が新しいものかどうかという点にかかってきます。


もちろん、新しい方が高い値段がつくのはきっと予想通りでしょう。


使用されていた雰囲気の漂う物でも一応買い取りはしてもらえることが多い訳ではありますけれど、外見をできるだけきれいに整えることは、やっておいた方が良いです。


目に付く汚れがあれば拭き取って、やわらかい布でやさしく全体を磨いておくのも良いでしょう。


バッグや靴でしたら、中のゴミやほこりも取ってしまって、査定に少しでも影響を与えられるようにほんの少し、がんばってみることも大事です。


ブランド品をどれも同じ店で買い取らせていませんか。


どの業者を利用するかを検討する際には、売りに出したい品物がどういったものなのかによって査定の依頼先をその都度変更するというやり方があり、合理的で是非おすすめしたい方法です。


中古とはいえ、引く手あまたの人気ブランドであれば、規模の大きい業者を利用することで納得のお値段で売却できることが多いのです。


ところが、さっぱり買い手のつかないことが予想される、人気のないブランドや商品だと大きなチェーン店などでは、取り扱ってもらえないこともよくありますので、個人経営などの、小さなところを選んで利用した方が、何かと融通が利くので良いようです。


16:24






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着ブログ記事++