?骨髄バンクとは?


「骨髄バンク」って一度は耳にしたことがあると思うし、TVや映画等でアバウトながらも少しはご存知かと思いますが、「骨髄バンク」とは、骨髄移植を必要とする患者さんに対して、骨髄を提供出来る人を登録するための機関です。

とりあえず基礎的な所から言うと…
まず骨髄っていうのは、胸や腰の骨の内部にある海綿状の組織です。骨髄液で満たされていて、その液体の中には、血液成分の元になる血液幹細胞が含まれていて、血液がここで造られています。

で、骨髄移植というのは、骨髄移植が対象となる、白血病、再生不良性貧血、先天性免疫不全症候群などの病気に冒された骨髄を健康なものに置き換える治療法(実際は、骨髄液を点滴静注する)で、骨髄移植が成功するには患者さんとドナーの白血球のHLA型が一致しなければならないのですが、このHLA型が一致する確率は血縁者で4人に1人、それ以外では数百人から数万人に1人と非常にまれで骨髄移植を受けられない患者さんが少なくないため、一般の人に善意の骨髄提供を呼びかけるのが骨髄バンク事業というものです。
移植を希望する人全てに提供するためには、骨髄バンク登録者は約30万人必要と言われていますが、現在はまだまだ足りない状況です。

登録そのものは、年齢や健康状態等の条件さえ合えば、誰でも簡単に出来て、登録の段階でいきなり骨髄を採取するわけではなく、腕から、2ccの血液を採取するだけすが、実際にドナーとなって、骨髄を採取する時は、入院・手術が必要になります。(その際ドナーに対しては一切の費用はかかりません。)

また、骨髄バンクの運営には多額の資金が必要で、公的な補助金も受けていますが、十分ではありません。運営資金の多くは患者負担金と善意の方々の寄付金によって支えられています。





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ